テスト前の!

久々にテスト勉強を、しかも余裕を持ってやっている。薬理学で、作用機序とか考えながら頭に詰め込んでいくのだが、その作業が本当に久々と言うか、大学入ってからの勉強でも最初の方はこんな感じだったのかもしれないけど、気分が受験勉強のときのようになっている。勉強をする楽しさみたいなものを少し思い出した。

時間で作業を区切りながら、集中できてるか逐次考えながら能率を落とさなようにやる感じ。Twitterもはてブも見ないようにして(どっちも最近不毛だと思って見る頻度は下がっていたが)、ハマっていたマストドンもテストまで投稿しないことを決意してから、結構捗るようになった。大学受験をしていた頃と今の大きく違う部分だったが、そこを制限することで、差が埋まった感じか。

ただ時間的余裕はあるはずなのに、なかなか一教科に手こずっている。薄々感じてはいたものの、強い実感としてもってなったが、最近やっと自分は医学部の中でも要領が悪いほうであるということを自覚するようになった。浪人までして結構時間をかけた割には下位の合格だったことから、ちゃんと理解しておくべきだったのかもしれない。この確かな実感を得るのに時間がかかってしまった。

もう仕方がないと割り切るしか無い。一教科に手こずっていて情けないとは少しは思いつつも、むしろ精神を病んだ後の、病み上がりにしては適度な心理的負荷でちょうどいいのではないか、と思うほうが前向きで健全だ。

そしてこうしてテスト前なのにブログを更新するというのは、アレだ、テスト前症候群の特徴的症状の一つだ。SNSをしていた空き時間に村上春樹の『風の歌を聴け』なんか読んだりして一層深刻な自体になっている。 

つまりのこの記事の更新は、いわば瀉血のようなもので、一度語りたいエネルギー的なものを使ってしまうことで、正常な精神状態に戻そうという試みなのである。つまり

  • 大学受験してた頃のようにテスト勉強ができていて嬉しい
  • 今すごいテスト前症候群で、考え事が捗って仕方ない
  • 語りたいエネルギーを消耗させたい

みたいなことが書ければ良くて、あまりアレコレ書こうとすれば、考えを整理するのと書くとので勉強時間と勉強するときの集中力に影響がでるので、ここまで書けて今のところは満足しておく。

 

あと、ここ数日は気分良く過ごせているので、今は気分が良いよってことを記しておく。というのも、どうにも一過性なようなものな気がして恐ろしいのである。だからこの先もこういう生活を維持して、同じように気分良く過ごせるなら、この生活は良い生活というわけなので、それを保てばいいという話だ。

――もしそうでなければ?あまり考えたくない話である。

13時に妙夢!

デートした。13時に妙夢集合。定番となりつつある。

14時にこの世界の片隅にを観た。札幌プラザ2・5ってところで復活上映だったのだけど、彼女がかんちがいしてディノスに行ってしまって、上映してないってなったときは焦った。ただ意外とディノスからも近くて助かった。

映画はすごいよかった。すずさんに彼女を、周平に自分を重ねてみてしまった。彼女は自分に気を使ってか、あまり起こったりするところを見せてくれないみたいな。

観終わって、大通り公園のよさこいを観にいった。ただステージ付近は人が多すぎてちゃんと生だとちゃんと見えず。西のハズレに行ってザンギバーガーを食いながらスクリーンで観た。分厚すぎて顎がはずれそうになった。俺だけビールを飲んで少し申し訳ない気分だった(のちに「私も飲めばよかった」と言われた)。噴水がすぐとなりにあって寒かった。

人が多いので手をつなぎながら歩いた。シラフだと緊張したけど、一回繋いでしまうと慣れてしまう。彼女の手はすべすべして柔らかくてひんやりして気持ちがよかった。

彼女がブレイブルーに凝っていたので、ゲーセン(ディノス)にいった。前からずっと一緒にやりたいと言っていたので念願かなった感じ。映画見る前に軽く覗いたときに彼女の知り合いが居たので、先に音ゲーをやった。DIVA。osu!は結構ガチでやってるけどさすがに勝手が違ってNormalをギリギリクリアという感じだった。

2人で1クレずつやって格ゲーエリアに移動。さすがにもう居なかった。初めてゲーセンで核ゲーをやった。ブレイブルーは割とガチャガチャでも成立して楽しい。タオカカ可愛い。彼女はずっとハザマを使ってた。たまには一人で行ってもいいかなとか思った。

一通りやったところで19時半頃だった。案外時間が経っててビックリ!とか言ってたけど、映画観たこと考えれば妥当だよねと言って2人で納得。その場のノリでジンギスカンを食いに行くことに。

店はいつものごとく(俺的な)だるま。そして例のごとく混み具合から二階店へ。店で食ったことがなかったから新鮮、とか言う彼女。逆に俺は家で食ったことがない。締めの茶漬けが本当にめちゃくちゃ美味いんだけど、それも気に入ってくれたようでよかった。

だるまは回転が速いので店を出た頃で、22時くらいだった気がする。「まだ行ける!」となって狸小路でちらっと看板で観た夜パフェの店を覗いて見るもの、高そうで断念。やっぱりお酒が飲みたい2人。結局適当にうろついて適当にキャッチに捕まって飲んだ。

例のごとく飲みまくる。酒が好きすぎる。と同時に飲まないとちゃんとお話できない。たわいのない話をしながらデロデロの幸せ状態になる。

手を繋いでいちゃいちゃしながら帰る。幸福な時間。ただ前と少し違って、少し2人の心の距離はもう少し近い感じ。いつもの帰り道の分岐点の交差点で「まだ帰りたくない」とか言っていちゃつくいちゃつくいちゃつく。

シラフでも手をつなげた。酔った勢いもあったけど、たくさん抱きしめあった。良い匂いがした。手があくのでその手で頭を撫でるのだが、あまり包容力とか自信がないので、どうにも落ち着かない。慣れの問題か。それともメンタルの問題か。

 

まだキスはしてない。ピュアか。

 

忘れたくないのでその日のうちに思い出せることを、思い出すママに書いた。酔ってる。あとで読むと死ぬほど恥ずかしいと思うだけど、たぶん恥ずかしく生きる方が楽しくて、シラフになると、そういう檻に閉じ込められてしまう。社会的な大人は誰しもそういう自分の作った檻の中に生きるけど、たぶんそういうのがない方がきっと良いことがたくさんあるはず。

恥ずかしさの向こう側にいろいろなものがあるのだ。アルコールはそういうときに背中を押してくれる。飲み過ぎはもちろん良くないけど、適度に必要な人には必要だ。少なくとも、俺と彼女の間にはまだまだ必要だ。この先不必要になることもないだろう。

でも。シラフでももっと深く心が繋がれるようになりたいと思うし、最近はシラフでも少しずつ接近してる感じがある。恥ずかしいけど。

 

でも恥ずかしい感情がすごく、愛おしく、切ない。

キリンはでかい!

デートした。

 フワット まるやまキッチンでオムライス食った。俺はトマトトマト、彼女はデミデミ。美味しかった。

けもフレイベントの最後の週末ということで、○山動物園に行った。二人共放映中に観てなかったけど、わざわざ今日のために予習をしてきた。

まず、 生で見たキリンはでかった。そして首が長くて、横から見るとかっこいいけど、正面から見ると意外と薄っぺらかった。今日の俺的MVP。ダチョウは首が長いけど、動きがキモかった。

ハイエナが意外とでかくてびっくりした。犬の仲間かと思ったら、実はジャコウネコ科らしく、犬でもネコでもない感じらしい。あとハイエナはハイエナばっかりするわけじゃなくて、結構自分たちで狩りをするらしい。「ハイエナをする」ことを「ハイエナをする」と呼ぶのはハイエナに失礼なので、改めようと思った。ライオンは一日20時間寝てるらしい。NEETか。ハイエナを見習え。エランドってのが居て、聞いたことなかったけど、なんかでかくて、鹿っぽいけど牛の仲間らしい。メスにも角が生えるのが牛らしい。16へぇ。

コツメカワウソは延々と背中がかゆいのかもじもじとしてて意味不明だった。楽しいなら良いけど。

トラはトラの割に小さくて残念感があったけど、おしっこするところを見せてくれたからオールオッケー。ユキヒョウは屋内と屋外に一匹づつ居て、つがい化計画が進行してるようで、しばらく眺めてたらお互いが壁越しに接近したと思ったら、屋外の一匹がそっけなく屋外の一匹が立ち去っていって、屋内の一匹がその後ろ姿をじっと見つめていたのが印象的だった。彼女いわくその熱視線を送る姿が片思いする女子中学生っぽくてよかったらしい。彼女的MVP。ちなみにどっちがオスかメスか最後まで分からなかった。

爬虫類館のベンチで休んでたら、ワニの餌やりタイムになって、マウスとうずらを食べるところを見ることができた。ただ水の中でも地上でも餌を捉えることができてなくて、自分の顎の細さを分かってない疑惑があった。餌を咥えて、持ち上げて、パクっと丸呑みにする様のワニ感はよかった。蛇はいろいろ居たけどどれも丸ってばかりであまり動きがなかった。寒いのかな。亀は実家にいるのでどうでもよかった。ミズトカゲがやたら元気だった。カラフルなカエルがたくさんいた。飼育してるカエルは餌が野生のもと違うから毒がないらしい。食べてみたくなった。

オランウータンが羨ましがるので前で飯を食ったり何かを飲んだりするなの注意に知能を感じた。というかずっとものを持てないけものばかり見てたので、キャベツを足で持ってるだけですごさを感じてしまった。マンドリルの顔がキモかった。

狼はかっこいい大型犬という感じ。ヒグマはでかくて獰猛な感じで、正直言ってこいつが一番怖かった。何をしでかすか分からない感じのおっかない感じ。程度をわきまえない田舎ヤンキー的な(?)。しろくまはでかいけどマスコット化のせいで現実感もなく怖さがなかった。肌寒いのに水浴びとかしてて寒さに対する圧倒的自信を見せつけていた。

ゴマフアザラシは二匹がすごい仲良さそうで癒やされたフンボルトペンギンは絶滅危惧種の割に大量に居て扱いも適当で謎だった。

けもフレ的にはキタキツネが一番の押しだったけどキタキツネが一匹も居なくて悲しかった。札幌でもその辺にいるかいいだろ的な方針なのか?それともエキノコックス的なアレ?とにかく残念でならない。

最後にけもフレTシャツと箸(家のがぼろぼろだったのでちょうどいいと思って)を買って丸山動物園を脱出。夕飯を食うには早い時間だったので、謎の喫茶店で一服。MBTIで盛り上がった。俺はINTP、彼女がINFJだった。実はあまり相性がよくない疑惑があった。言わなかったけど。

良い感じの時間で札幌円山CHINESEシロクマへ。飲み放題で単品をつまみながら飲みまくった。デロデロになった。食い終わっても8時だったので二軒目の飲み屋へ。さらに飲む。最 the 高になる。手を繋いで愛をささやきあって終電で帰った。

 

〜完〜

 

 

 

 

マストドンにハマってる!

某インスタンスにドハマりしている。もう700トゥートくらいしてたけど頑張って遡ったら初トゥートは4/23だった。そう、近所の銭湯で風呂上がりに暇つぶしで始めたんだった。

うまくまだ言語化できないが、確かな楽しさがある。LTLでのエアリプの投げ合い感というか、ふわっとしたやり取りに乗っかってしまうと本当に病みつきになってしまう。最近はてなで某ホッキョクグマが語っている「中身のないコミュニケーション論」じゃないけど、それを絡めて論じられればちょっと面白いかなとか思ったり。

 

ただ少し気がかりなことがあって、インスタンス内で「Twitterと比較して気楽」って声を見かかるのだけど、それたしかにそうなんだけど、一時的なものなような気がしている。

自分のインスタンスでは、それなりに交流が進み、各々が気の合う人間、気の合わない人間を認識し合い始め、関係性の構築がかなり進行した様子がある。今の所は仲良く皆楽しくできてる雰囲気があるけど、まあ間なので、好きなやつもいれば嫌いなやつもいるのは当然で、結局そういうのが積み重なってくると別な形で同じような息苦しさみたいなものを感じる人間が増えてくるんだろうと思っている。

というかそういう感覚が全くないわけでもなく、まあ別に不快なレベルでもないのであまり深く気にしてはないが、どこかでそういう感情が閾値を超えて顕在化するんじゃないか、みたいな危機感がある。

まあ要するには人間関係がリセットされてはしゃいでるだけじゃないか、ということである。ぼそっと「高校一年生の5月みたいだな」みたいなことを言ったら結構リアクションがあって、たぶん同じように感じている人は多いのだと思う。

 

ともかく。今後どうなるかは別としても、今けっこう楽しめているので、しばらくは使っていこうと思ってる。なんか心境が変わったらまた書くかも。

夢のよう!

彼女とカッフェでお勉強会してから、お寿司食べて、パフェ食べて、美味しいお酒飲んで、2人でトロトロに酔って手を繋いで帰って、別れ際愛を囁き合った。〜完〜

時間が足りない!

壁打ち、ではないが、何か鬱屈としているときはたぶん、誰かに言うなりどこかに書くなりしまうと良いということは、おそらく、古代から言われてきたことであろう。

 

休学を終え復学し、週8コマというぬるい生活をしているわけだが、それすらも十分にこなすことが危うように思われる。各講義ごとにスライドを印刷したレジュメが配られるのだが、それと講義内容をもとに、毎講義ごとにまとめを書いている。そのまとめをウェブサイト形式にして公開すれば、承認欲求と絡めて執筆意欲が後押しされ、それを眺めてニヤつくことで、何度も読み返すことになって、ついでに勉強になって良いのではないか、という経緯で始めたものだ。

しかし、公開場所も公開方法も決まらぬまま、公開下書きが溜まっていく一方でかつ、その作成も講義の進行速度に遅れをとっているのが現状だ。モチベーションは上がらない上に、内容も不十分な感じ。面倒臭さと作業感がすごい。

公開場所を用意するにもどういうワークフローで原稿とサイトを管理・運用していくか決めきれず、作るイメージも固まらない現状。そしてサイトを作り始めれば原稿作成時間は減ってさらに講義の進行に遅れをとってしまいかねない、という状況。

 

圧倒的に時間が足りず、焦りを強く覚える。

 

思い切って先にサイト制作を始めてさっさとデプロイしてしまえば、なんとなく並行でできたりするのだろうか?

如何にせよ、時間の使い方の見直しが必要だ。

生きていきたい!

4月から大学に復学した。バイトながらある自社案件の新機能に関して、要件定義、仕様検討、設計、実装、テストの全行程を自分を中心としてやらせてもらったのだが、テスト工程とリリースの段取りをしている内に、休学期間が終わった。

一年ぶり、二回目の三年生だ。月〜木で3、4限で取り損ねた講義に出席している。同室の学生たちは、自分とは入学時の学年でいえば3つ違うことになる。彼からすれば自分はもはや伝説上の生き物のように思われていることだろう。

週8コマだが、今年は単位を一個でも落とせば大学から放校になってしまうので、授業にはすべてきっちり出席し、毎回のまとめを、Dropboxのpaperというブラウザで使えるMarkdown風のWYSWYGエディタでつけている。近い内に公開する場を用意したいと思っている。時間に余裕が出来たら夕方17時ころからバイトに出て22時まで残り作業、という生活で2週間経った。

あと同じチームのバイトの専門学校の女の子のことがどうにも好きになってしまって、週末飲みに誘って帰りに「好きになってしまった」と言ったら、付き合うことになった。


最近はなるべくいろいろなことを「どうでもいい」と思うようにしている。特に大学の講義は、深く考えずにとにかく出席し、言われた通りのことを覚えるだけだと思って、取り組んでいる。そう思うようにしてだいぶ楽になった。周りの目とか気にせず、講義の内容を気が済むまで調べて頭に叩き込むだけ。そして意外とそういうも悪くないと思い始めている。

付き合う姿勢もそう。見られ方ではなくて、自分の気持ちを軸にして「好きだから一緒に居たい」という自然な感情で接するように心がけている(なかなか上手くいってないけど)。合わなくてやっぱり別れようとなったらそのときまでだと先に思ってしまえば、何も怖がることはないのだ。

やっぱり「これでいいのか」感は依然としてあるけど、でも、そうやって何事にも心配して不安がって躊躇っていては上手くいかないのだ。ベスト尽くすには、そのベストだと思うことに疑問を感じてはいけない。なぜなら、疑問が付いた時点ですでにベストではなくなってしまうからだ。あえて疑問を挟まず、常にベストだと思い続ける。盲目的とも言えるが、別に見えたところで行動なんて対して変わらないものだ。であれば、見えている必要なんて初めからないのである。

 

と自分に言い聞かせながら、そんな感じで、生きていきたい。