ã‚šã‚­ãƒŧしãĻきた

さãŖきčĩˇããŸã€‚最čŋ‘æœŦåŊ“ãĢよくå¤ĸをčĻ‹ã‚‹ã€‚よくčĻšãˆãĻã„ã‚‹ã¨č¨€ãŖた斚がいいぎか。įœ ã‚ŠãŒæĩ…いぎかもしれãĒい。

 

昨æ—Ĩ、部æ´ģぎ先čŧŠãĢčĒ˜ã‚ã‚ŒãĻ手į¨˛ã§ã‚šã‚­ãƒŧしãĻきた。最čŋ‘雨が降ãŖたせいでé›Ēも少ãĒい上ãĢįĄŦく、é›ĒぎįŠļæ…‹ã¯č‰¯ããĒかãŖた。厌全ãĢパã‚ĻダãƒŧぎįœŸå†ŦぎįžŠčš„åąąã‚’įĩŒé¨“しãĻしぞãŖたč‡Ē分ãĢしãĻãŋれば、゚キãƒŧå ´ãĒ時į‚šã§č‰¯ããĻぞあぞあãƒŦベãƒĢãĢしかãĒらãĒいぎで、全å›ŊãƒŦベãƒĢįš„ãĢč¨€ãˆã°ãŠãŽį¨‹åēĻか分からãĒいが。ぞあ晎通ãĢæģ‘ã‚‹ã“ã¨ã¯ã§ããŸã—ã€åš¸ã„å¤Šæ°—ã‚‚č‰¯ãã€æœ­åšŒãŽį”ēä¸Ļãŋを一望しãĒがらぎ゚キãƒŧはæĨŊしかãŖãŸã¨č¨€ãŖãĻいいだろう。

帰りãĢé¤ƒå­č‹‘å¯Œä¸˜ãŽé‡Œã¨ã„ã†ã¨ã“ã‚ã§é¤ƒå­éŖŸãšæ”žéĄŒã‚’しãĻきた。26個éŖŸãŖた。帰ãŖãĻすぐ書こうと思ãŖたが、昨晊一įĄã‚‚できãĒかãŖたせいもあり、すぐãĢ寝ãĻしぞãŖた。

 

äģŠã‚‚čēĢäŊ“中がバキバキだ。

 

ãĒんか、ごく晎通ãĢæĨŊしんでしぞãŖた。かつãĻ部æ´ģãĢいた時ぎようãĢ晎通ãĢ元気ãĢäŧščŠąã‚‚できたぎだが、ãĒんとãĒくåŧ•ãŖかかãŖた。「そんãĒãĢ元気ãĒぎãĢ、ãĒんで勉åŧˇã¨ã‹ã§ããĒいんだīŧŸã€ã¨č‡Ēč˛ŦしãĻしぞうぎだ。原際、č‡Ē分ぎ様子をčĻ‹ãĻいた垌čŧŠã‚‚そう思ãŖãĻいたかもしれãĒい。

帰り道気ãĢãĒãŖãĻčĒŋずãĻãŋたぎだが、

diamond.jp

ã“ã†ã„ã†č¨˜äē‹ã‚’čĻ‹ã¤ã‘た。「ぞさãĢäŋēじゃんīŧã€ã¨ã„う感じだ。äģ–ãĢもäŧŧたようãĒこと書いãĻã‚ã‚‹ãƒ–ãƒ­ã‚°č¨˜äē‹ãĒおがいくつかčĻ‹ã¤ã‹ãŖた。

 

åˆĨãĢ遊んでいãĻいいぎだ。į‰Šäē‹ã‚’æĨŊしめãĻã„ã‚‹ã‹ã‚‰ã¨č¨€ãŖãĻ、ぞたæ€ĨãĢ「あれをやれ、これをやれ」とãĒãŖたとしたらぞた゚トãƒŦã‚šãĢæŊ°ã•ã‚ŒãĻしぞう可čƒŊ性はéĢ˜ã„。だからやることを投げå‡ēしãĻ、遊んでる時は晎通ãĢčĻ‹ãˆãĻしぞãŖãĻもåˆĨãĢæ‚ĒいことではãĒい。

äģŠã¯åŋƒã‚’äŧ‘めãĻæĨŊしいことをやãŖãĻいãĻč‰¯ã„ãŽã ã€‚č˛Ŧ務を攞りå‡ēしãĻいるとしãĻも、åˆĨãĢいいぎだ。į™‚養中ãĒぎだから。äģŠã¯äŊ•ãĢもåŋƒã‚’囚われるずきではãĒいぎだ。

 

 

あと昨æ—Ĩから寝ãĻる途中でį›ŽãŒčĻšã‚ãĻ、喉がį•°æ§˜ãĢį—›ã‹ãŖたぎでæ€Ĩã„ã§ãƒ„ãƒ ãƒŠãŽč‘›æ šæš¯ã¨ãƒãƒĨãƒŧブį”Ÿå§œã¨į ‚įŗ–をお暯ãĢæēļいたもぎをéŖ˛ã‚“だが、įļēéē—ぎ喉ぎį—›ãŋがæļˆãˆå¤ąã›ãŸãŽã§ã€č‘›æ šæš¯ã™ã’ãƒŧとãĒãŖãĻいる。äģŠã‚‚これを書きãĒがら同じようãĒéŖ˛ã‚“でいるが、「éĸ¨é‚Ēåŧ•ã„たかもīŧŸã€ã¨å°‘しでも思ãŖたįžŦ間éŖ˛ã‚€ã¨ãƒãƒƒãƒãƒĒ劚くぎでã‚Ēã‚šã‚šãƒĄã ã€‚äģŠå›žã¯åŽļãĢãĒかãŖたからå…ĨれãĒかãŖãŸãŒã€ã¯ãĄãŋつがあればį ‚įŗ–ぎäģŖわりぎå…ĨれるとさらãĢč‰¯ã„ã‹ã‚‚ã—ã‚ŒãĒい。åŋƒã‚’äŧ‘めるぎも大äē‹ã ãŒã€čēĢäŊ“ぎåĨåēˇã‚ãŖãĻぎもぎであることもåŋ˜ã‚ŒãĻはいけãĒいだろう。